テイストを引き立てる伝統の技

 

1960年、当時の はまゆう チーフバーテンダー 和田 真明 氏 が考案。

氷の表面積を少なくすることによって、
溶けにくくなり、

酒本来の味を、そこなうことなく楽しめる。

愛弟子である 当店マスター 坂井 正義 により、

日々、研鑽、進化し続ける伝統の技

 

和田氷の原型

当時は、まだ製氷技術が未発達で、
氷がすぐ溶けてしまう関係上、加工に費やせる時間が限られていた。
そのため、現在に比べ表面(キメ)が荒い。

当時の和田氷を再現

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。